従来のうつ病と新型うつ病の違いを詳しく紹介!

何故病院で治療するのか

女性

病院治療が選ばれる理由

新型うつ病というのは20代から30代の若い世代に急増しているものですが、実際には非定型うつ病や気分変調症といって、うつ病の分類の一つです。ただ従来のうつ病に見られる症状とは特徴が違い、自分が悪いと責めるよりは他人が悪いと感じる等の特徴があります。また出来事に対して気分が変わり、楽しく感じたりする場合もあるため、従来型とは大きな違いがあるとされ、新型うつ病と呼ばれています。ただ放置しておけば自然に良くなっていくわけではなく、放置することによって人格が幼稚化したり、さらには能力が低下したり前頭葉に影響を及ぼしてしまう場合が出てきます。その為、放置して悪化させない為にもできるだけ早い段階で病院で適切な治療を受けることが重要となっています。もちろんそれ以外でも対処は可能ですが、病院に行けば症状に合わせて投薬治療等が行われ、結果的に症状の悪化を抑えたりすることができるのです。またそもそもうつ病だけでなく新型うつ病も、風邪等とは違い治療は簡単にできるものではなく、非常に難しいものとなっています。だから自己判断で少し努力するだけで何とかなるというものではなく、基本的には病院で行う薬物療法が最も効果的とされています。また病院であればその人の状態を正しく判断し、さらに生活を改善するための生活指導等も状況に応じて効果的に行うことができます。そして何より物事のとらえ方、考え方を変える為の心理療法も同時に行うことが出来るので、より効果的に新型うつ病の改善が図れます。新型うつ病は従来のうつ病とは真逆の症状となっている場合も多く、特定の場面でしか症状が出ないことも多い為、周りの人からなかなか理解されない場合も少なくありません。その為、周囲の人に理解されずに単にさぼっている、甘えていると思われてしまい、結果的に症状が進行して攻撃的な性格になったりしてしまうことも多々あります。病院での治療は新型うつ病に対するノウハウがあるだけでなく、長期的に患者の様子を見ながら治療を行うこともできます。また従来型の場合は休養や投薬が一般的な治療法となっていましたが、新型うつ病の場合は従来型と同じ方法で良いわけではありません。だから休養を取るよりは、少し負荷を掛ける、つまりちょっとだけ頑張るように簡単な目標を設定する方が良い場合もあります。それによって日常生活の上でのリズムの改善にもつながり、結果的に新型うつ病の改善にもつながっていくからです。ただ素人ではなかなかどのようにすれば良いか分からず、さらにまだそれ程知られていない症状ということもあり、適切な処置が出来ない場合も多々あります。その点、病院での治療であれば、まずは患者の状況をしっかりと把握します。さらに状態に合わせて治療を行うことが可能です。もちろん投薬だけでなく、心理療法等などを用いて患者に合った方法を行ってもらうことが出来るだけでなく、色々な相談にも乗ってもらうことが出来ます。その為、実際に新型うつ病になった場合、もしかしたら可能性があるという時は病院に行って検査してもらったり、治療してもらったりする人が多くいるのです。

TOP