従来のうつ病と新型うつ病の違いを詳しく紹介!

スムーズに病院を選ぶには

ウーマン

選び方や基準を理解する

現代型のうつ病として挙げられる新型うつ病は、誰にでも起こりうるものです。また従来のうつ病とは違い、うつ病として認識されにくいものでもあります。したがって従来のうつ病のチェックテストで引っかからなくとも、集中力が従来よりも散漫になったり、怒りやすくなったりイライラしがちになるなどの新型うつ病特有の症状や異変が生じた場合は、すぐに病院にかかるべきです。しかし実際のところ病院選びにおいて迷ってしまう事例が多く、その間に症状が悪化してしまうこともあります。したがって病院選びで迷うことを防ぐために、新型うつ病における病院選びの基準と選び方について以下から解説していきます。 まず病院選びの基準について解説してきます。病院選びの基準として最初に挙げられるのは、自分自身がどのような環境で治療を受けたいかです。ここで挙げる環境というのは医療施設の環境だけでなく、どのような医者に診てもらいたいかということも含まれます。つまり自分自身がどのような病院で、男性または女性のどちらの医者がいいのかを考えます。うつ病は精神的な負担の影響が特に出やすいものです。したがって病院の施設の雰囲気や医者の雰囲気も重要になります。次に挙げられる病院選びの基準は、治療方針です。病院や医者の雰囲気は病院選びの基準として重宝されますが、それだけでは不十分です。病院選びで失敗しないようにするためには、治療方針も重要な病院選びの基準になります。治療方針において、個々に人が望むものやイメージがあります。例えばカウンセリング等の心理療法を中心に考えている方もいれば、投薬治療を中心に考えている方もいます。そこで自分自身が想像していた治療方針ではなかった場合、治療に対する不安感だけでなく、病院や医者に対する不安感も募る可能性があります。ここで不安感が募ると、また最初から病院選びをしなければならないという事態に陥り、症状が悪化することが懸念されます。したがって自分自身が想像、希望する治療方針を重要視するということが病院選びの基準になります。 以上の病院選びの基準を踏まえて、受診する病院を選びます。病院を選ぶ前に、大半の方々がうつ病または新型うつ病は精神科か心療内科のどちらで治療してもらえるのかと悩みますが、どちらでも診てもらえるというのが正論です。したがって精神科であれ心療内科であれ、どちらにしてもうつ病もしくは新型うつ病を治療してくれる専門の医者はいますので好きな方を選んで構いません。さらにより自分自身に合う病院選びがしたいのであれば、上記で解説した病院選びの基準を踏まえた上でインターネットの口コミやレビューを参考にしたり、実際に治療を受けている人や受けていた人が書いているブログやネット記事を参考にしたりして病院選びをする良いでしょう。病院自身が書いた記事よりも、実際に病院を利用している、もしく利用していた自分自身と同じ立場の人が書いた記事の方が安心感や信頼感があります。したがってスムーズに病院選びを行うことができ、スムーズに治療を行うことができます。またこの方法以外でも、最寄りの精神科や心療内科がある病院に直接問い合わせて、電話越しに医者と相談して病院を選ぶという方法も挙げられます。

TOP