従来のうつ病と新型うつ病の違いを詳しく紹介!

信頼できる存在を見つける

レディ

現代は複雑な社会状況などにより、心身疲労を起こしやすくなっています。特に若い女性を中心に「新型うつ病」が広がっており、周囲を巻き込んで問題化しています。対処法としては、心を開ける信頼できる相手を見つけることです。

More Detail

何故病院で治療するのか

女性

新型うつ病の場合は、従来型とは真逆の症状となっていますが、放置すると機能低下等の可能性もあります。病院での治療であればその状態に合わせて適切な治療が行えるので、新型うつ病の場合は病院で治療する人が多くいます。

More Detail

精神神経科で治療を受ける

男女のイラスト

周囲の理解が得にくい病気

現代社会は、職場や学校だけでなく家庭内でもストレスを受けやすいため、うつ病に罹る人が増えています。一般的なうつ病は、気力や集中力の低下、抑うつ感、体のだるさや自分自身を責めるなどの特徴があります。比較的若い20代や30代の人は、新型うつ病に罹る人が増えています。職場や学校に行く前は、一般的なうつ病と同様の症状が出やすいです。しかし、休日などの通勤をしなくてよい時は、症状が出ないことや外出やレジャーなどを楽しめるのが特徴です。新型うつ病は、家族や職場の人から理解が得にくいのが特徴になっており、甘えや怠けだと感じる人も多いです。新型うつ病で悩んでいる人は、感情の起伏が激しくなったり、うまくいかなくなったりすると他人や家族のせいにする傾向があります。一般的なうつ病は、食欲が低下したり、寝つきが悪くなったりする人が多いです。ですが、新型うつ病の場合は、眠っている時間が長くなる過眠になったり、過食気味になって、体重が増加したりする人もいます。通勤や通学をする前に気分の落ち込みがあることや、抑うつ状態になってしまい、無断欠勤をしてしまう人も多いです。家族や職場の人から理解が得にくいので、本人は大変苦しんでいます。気になる症状が見られる場合は、精神神経科のクリニックや病院を受診することが大事です。精神神経科に行くのは抵抗を感じている人が多いですが、心身の不調で悩んでいる人は早めに受診する必要があります。精神神経科の病院やクリニックでは、経験豊富な医師が在籍をしているので、丁寧なカウンセリングが受けられます。新型うつ病の人は、医師にカウンセリングを受けることで、心身の負担が減る場合があります。抑うつ感や気分の落ち込み、気力の減退などで悩んでいる人は、内服薬を処方してもらいしばらくは続けることが大事です。新型うつ病は現代病と呼ばれており、中高年以降の人に比べると若い年代の人に多い病気です。普段の生活では、朝型の規則正しい生活を心掛けて充分な休息を取ることも大事です。新型うつ病は甘えや怠けではなく、精神疾患のひとつなので、きちんと治療を受ける必要があります。必ずしも入院が必要ではなく、外来による通院が可能になっているので、辛い症状が改善するまでは根気よく通院をすることが大事です。学校や職場に通うのが難しい場合は、しばらくは休学や休職をすることも大事です。うつ病は誰でも罹る可能性がある病気なので、罹りやすい特徴を持っている人は、過度なストレスを溜めないようにすることや、友人や家族などの信頼できる人に話を聞いてもらうことが大事です。新型うつ病に罹っている人は、気分の波に苦しんでいる人が多く、心身共に疲労をしやすい傾向があります。従来のうつ病に比べると、薬の効果が出にくい場合もありますが、医師に相談をして薬を変えてもらうことや量の調整をしてもらうと良いでしょう。認知行動療法を行っている精神神経科の病院やクリニックも増えているので、一度足を運んでみると良いでしょう。適切な治療を受けたり、生活習慣を見直したりすることで症状が改善することもあります。症状が安定している人は、職場に復帰している人も多いです。

スムーズに病院を選ぶには

ウーマン

新型うつ病を治療してもらうための病院選びの基準としては、自分が好む病院や医者の雰囲気や希望する治療方針が挙げられます。これらの基準を考慮した上でネットでの口コミやレビューを参考にして選んだり、最寄りの病院に電話で相談したりして選ぶ方法があります。

More Detail

TOP